悩みが希望に変わったロゲインの処方

いつものようにロゲインの塗布を行う時に

AGA治療を提供するクリニックにいつものようにロゲインの塗布を行う時に本当に勇気を出して良かった

変化が現れたのは2ヶ月が過ぎようとしていた頃で、いつものようにロゲインの塗布を行う時に、産毛が少し尖っていることに気が付きました。
初めは気の所為だと思っていましたが、何度も指先で触ったり突いた結果、これは本当に髪質に変化が起こったのだと実感しました。
それからは面倒だった頭皮のケアが楽しくなって、毎日鏡を見る瞬間に喜びを感じることができています。
明らかな違いが見られたのは3ヶ月から6ヶ月の間で、生えてくる毛の太さと固さが増したと思いました。
ヘアカットの際に髪質が変わった、あるいは毛が立つとハッキリ言われるようになったので、この変化は思い込みではないと自信が持てました。
私の場合は頭皮の薄さがだいぶ進行していたので、いわゆる初期脱毛という副作用はあまり気になりませんでした。
また血流の変化で頭痛が発生する人もいるそうですが、こちらもロゲインの使用において悩まされたことはありません。
どちらも個人差はあると思いますが、私のように副作用を感じることなく髪の嬉しい変化が実感できている人もいます。
初めて診察や処方を受けてから6ヶ月ほどが過ぎると、先生は結構生えてきましたねという感じで、嬉しそうに言ってくれたことが印象に残ります。
薬や治療には半信半疑な部分もありましたが、実際に使用を続けることで、評判や喜びの声は本物だと確信できました。
頭皮全体に満足できている今の目標は、生え際を前進させて正面からの視線に自信を持つことです。
ロゲインをもってしても生え際の回復は難しいので、このAGAは本当に根深い問題なのだと感じます。
それでもここまで回復したわけですから、将来的にはより強力な進化版か、併用できる薬が開発されると信じています。
私の人生においてターニングポイントはいくつかありましたが、直近で最も大きかったのは、やはりクリニックでの処方と治療の開始でしょう。
朝や夜の入浴後はすっかりヘアケア中心の時間帯で、髪を育てる喜びというものを知ることができました。